薄毛対策を真剣に考え出したきっかけ

薄毛対策を行うきっかけとなった実体験

薄毛は肩身が狭い・・・

まだ薄毛対策を始める前の昨年のことです。

本を読むためにカフェに入りました。4人の20代後半ぐらいの女性グループがおしゃべりをしている横にテーブルが空いていたため、そこで一人静かに本を読んでいました。そのカフェは勉強している人が多く、おしゃべりが盛り上がっているのはその女性達だけでしたので、ちょっとうるさいなと思いながらも、話が時々耳に入ってきました。

しばらくすると、一人の女性が「髪が多すぎて困る」という話題で話し始めたのです。薄毛が進行した私がそばに座っているのにまったく気づかず、おしゃべりに夢中の様子でした。

女性は毛が多すぎて毎朝スタイリングするのに時間がかかり、困っているとのことでした。そして、「毛穴をあげたいぐらい。きっと欲しがっている人たくさんいるはずだよ。」と言うと、みんな「確かに・・・。」と言いながら、みんなで髪の薄い人を思い浮かべていました。話は終わる様子がなく、「きっといいビジネスになると思うよ」などと盛り上がっていきました。私は、「はやく話題を変えてほしい。そして絶対こっちを見ないでほしい」と願いつつ、まったく読んでいる本に集中できませんでしたが、本に集中して話に気づかないふりをし続けました。

私が一番恐れていたのは、薄毛の人がそばにいることに気づき、急に場が気まずくなることです。一人で自意識過剰になりながら苦しんでいました。すぐに立ち去りたい気もしましたが、話を気にして立ち去ったと思われるのも恥ずかしいことです。もちろん、「人に毛穴をあげるビジネスは良い案だけど、他人の毛穴は拒絶反応が起こるから髪が生着しない」ことなどは、この際どうでもよいことです。

しばらくすると、違う話題になってほっとしましたが、さらにしばらくしてから、今度は別の女性がはげの男性の話を始めました。女性の発言によると、あるはげの男性と一緒に仕事をする機会があったのですが、ミスが多い上に対応も悪く困っているとのことでした。ミスをする度に男性に頭をさげて謝られるそうですが、「はげ頭を何度も見せて謝られても困るだけよ」と言って大笑いしていました。

その直後に女性たちは席を立ってカフェを出ました。そばに座っている私の頭頂部を見て、はげのそばではげの話をしてしまったことに気づいたかもしれません。

それにしても、はげであることでこれほど肩身の狭い思いをしたのは久しぶりでした。これが、薄毛対策を考え始めたきっかけの一つでした。

最新の薄毛対策との出会い

すべての薄毛対策を信じない消費者の一人になった私でしたが、一つだけ可能性を見出した薄毛対策がありました。それは、20代の後半ぐらいの時に行った、自毛植毛のカウンセリングでした。ふとした広告をきっかけに自毛植毛を知り、ウェブサイトを調べてカウンセリングに行くことを決断しました。そこでは、かつてアートネイチャーに行った時とはまったく違った印象を受けました。アートネイチャーの時に出てきたのは営業マンでしたが、自毛植毛の時に出てきたのは植毛を担当する医者でした。それは営業とはかけ離れたもので、まるで診察に来ているようにも感じました。そこで説明された内容は論理的で理解できるものでしたし、正直に問題点や制限も説明している感じがしたので、信頼感が持てました。その時は、まだ今ほど薄毛は進行していなかったですし、まだ自毛植毛には早すぎたので、何もすることはありませんでした。でも、それは現在急激に進歩している最新の薄毛対策への入門といえる体験でした。

自毛植毛の可能性と理論に感心し、将来的には自毛植毛を考えてもよいと思うようになっていました。でも、それ以上に「薄毛を気にしないほうが潔い」とか「坊主にしたほうが潔い」という一般的な意見に流され、坊主にすることも考え始めていました。でも、坊主にしてしまうのは、逆に本末転倒な方法のような気がしましたし、違和感や心理的な抵抗も感じていました。

そんな時、改めて薄毛対策を考え直す出来事が起こりました。それは「The Bald Truth」というラジオ番組です。ポッドキャストでも数週間分だけ配信されているので日本でも聞くことができますが、もともとは長年続いている薄毛にフォーカスしためずらしいラジオ番組です。そこで「プロペシア」というFDAで認可された薬が本当に効くらしいということと、「自毛植毛」が成功すると驚くほど自然だということが分かりました。アメリカでは日本以上にインチキな薄毛対策が横行しており、消費者の目から厳しく評価しようというのが、その番組での主な趣旨でした。それでもアメリカでは日本より薄毛対策がとても進んでおり、日本では情報も対応もだいぶ遅れを取っていることが分かりました。アメリカで10年以上前から実施されいた本当に効果のある薄毛対策が、ここ数年の間に急激に日本に入ってきています。

このような経過から、このウエブサイトでは主にアメリカからの最先端の情報を元に構成しました。特に信頼できるFDA(米国食品医薬品局)やISHRS(国際毛髪外科学会)のホームページ、薄毛対策の書籍のなかでも最も支持されている『Hair Loss Answers』や『The Bald Truth』(先ほどのラジオ番組を担当している人が書いた本)などを中心的な情報ソースとしています。

社会ではハゲでも堂々としていていればかっこいいと言いながら、ハゲが堂々とできない価値観は変わりません。これは日本だけの問題では無く、世界中に共通の価値観です。人間であれば誰もが、豊富な髪は健康と美の表れであり、ハゲは不潔やかっこ悪さの象徴と思うものです。このような価値観は薄毛を何とか治そうとした薄毛対策5000年の歴史でも証明されています。5000年も前から、当時の権力者達はハゲを隠すために必死だったのです。そんな価値観を直視した時に、なんとか治そうと努力するのが本来あるべき姿ではないでしょうか。そして、その5000年の歴史を通じて初めて、近年になって有効な薄毛対策が登場し出しています。