ヘア・クローニング技術の研究

細胞治療によるヘア・クローニング技術の研究

ヘア・クローニングはクローン技術とは違う?

近い将来に可能になるとされているヘア・クローニング(Hair follicle coloning)は、ドナーとなる髪の皮膚を少量だけ採取し、それをラボで繁殖させて自毛植毛に使用する技術です。その名称に「クローン」がついているために、クローン技術であるとの誤解を与えてしまいがちです。毛髪増殖(Hair Multiplication)とも呼ばれるヘア・クローニングは、「細胞治療(Cell therapy)」や「ヒト組織工学(Tissue Engineering)」と呼ばれる技術を使います。細胞治療はクローンのように遺伝子レベルの操作は行わず、もっと表面的なレベルである細胞(Cell)に対する操作を行います。

細胞治療では細胞を生体から切り離し、ラボで特定の物質にひたしたり酸素量を調整したりすることで細胞を育てます。ヘア・クローニングだけではなく、皮膚腫瘍、やけど、がん、パーキンソン病など数々の病気に対する治療に対しても、細胞治療が使用中か使用される可能性があり、現在最も注目されている医学分野の1つでもあります。現在いくつかの研究所が、この細胞治療によるヘア・クローニング技術を研究しています。細胞治療によって少量の皮膚から、サッカー場1面分の細胞を作り出すことさえ可能といわれています。そのため、ヘア・クローニングでも毛包の細胞を大量に作り出し、望む量だけ増やして頭皮に植え戻すことができます。これは人間に対する実験でもすでに成功しているようです。

それでもヘア・クローニングは、安全性や効率を考えると、一般人の利用にはまだ遠い段階のようです。第1の障害として、オリジナルの髪と比べて遜色のない髪を作り出せるかどうかという問題があります。特に「髪が成長する向き」に対する問題があります。なんとか容認できる程度の自毛植毛ではなく、周りの髪と比べても自然でまったく見分けのつかない自毛植毛を実現するためには、ナチュラルなアングルで皮膚から生えている髪が必要になります。自毛植毛では、ちょっとした向きの不自然さが、結果の悪さにつながってしまいます。そのため、ただヘア・クローニングが実験で成功した程度では満足できる状態ではなく、見た目に自然な植毛ができる程度の完成度の高い髪の増殖に成功したときに、ヘア・クローニングが成功したといえるのです。

また、安全性という面でも、ヘア・クローニング技術は大きな壁を超える必要があります。FDAなどの政府機関に安全性を認められるためには、ラボで増殖された細胞を頭皮に戻したときに、それが腫瘍の原因にならないことを証明しなくてはいけません。ヘア・クローニング以外の目的における細胞治療では腫瘍との関連がみられていないようですが、正式に認められるためには適切な証拠による証明が必要です。ヘア・クローニングには日本のアデランスの研究所も取り組んでいるようですので、日本の消費者にもいつかは利用可能となることが期待されます。